浅貝

活動紹介

 

 浅貝と聞いても、どんな活動をするのか、なかなかイメージがわかない人が多いと思います。

 

 浅貝というのは、新潟の苗場の近くの地名です。月に一回、浅貝という場所に1泊2日で行き、子ども会を開くのがこの浅貝パートです。子ども会に参加するのは、地元の小学生。元気いっぱいの子どもたちです。子ども会では、料理や工作、時には外で遊んだりします!

 

 活動の拠点となるのは、慶應義塾大学ワンダーフォーゲル部にお借りしている山荘です。とても雰囲気があって、素敵な所です。8月・12月は通常活動と異なり、8月にはキャンプを、12月は山荘で子ども達とお泊り会をします。自然豊かな場所なので、季節に応じた様々な遊びが子ども達と楽しめちゃいます!子ども会の活動は、月2~3会行われるミーティング(@日吉)に よって形作られます。子どもと一緒に、いかにして楽しむかを決めるこのミーティングは、和気あいあいとしてとても楽しいです♪

 

 活動は基本的に土曜日と日曜日です。土曜日の朝、鈍行列車に揺られながらお喋りをするのもまた、浅貝の楽しみの一つです。山荘に到着すると、すでに子どもが待っていることもあり、すぐに子ども会が開かれます。そして子ども達を家まで送り届けたあとは、自分達で晩御飯を作り、お風呂は近くの温泉に行きます!日曜日は午前中に子ども会を開き、またゆっくりと鈍行列車で帰ります。

 

 浅貝の良いところは、自然とたくさん触れ合いながら、子ども達の成長を実感できるところだと思います。また、泊まりで行くことで、パート員同士の仲も深まります!さらに朗報!新入生は初回、宿泊費無料、交通費半額!行かなかったら損ですよ!

 

 

活動場所・日時

 

主に第4週の土曜日、日曜日

※5、7、8、12月は異なります。

※1、2、11月の活動はありません。

 

これに加えて、月2、3回のミーティングがあります。

 

※活動の流れ

土曜日  朝 上野出発→昼 到着→午後 子ども会→夜 夕食、お風呂

日曜日  午前 子ども会→昼 山荘出発→夕方東京へ

 

 

チーフからのメッセージ

 

 

 

リンク

慶應義塾大学児研三田会

 

最終更新:

2014/3/17